香川県高松市男女共同参画センター

p1090914
高松市新塩屋町校区の防災訓練に参加、男女共同参画センターも防災グッズコーナーを設置。「もし、真夜中にグラッときたら…」ということで備えのポイント、寝床にタンス等が倒れてこないように家具やテレビ等の転倒防止策を紹介。また寝床から手の届くところにヘルメット、懐中電灯、履き物、めがね(必要な人)を置いておくことをPR。グラッときたら、まず3分は自分の身を守ろう、ケガをしないようにしよう、と。そうしないといくら避難訓練しても避難はできないと。いざ避難となると非常持出袋、すぐ目に付くところにおいておく。必需品を書いたカードをマスクと一緒に配布。便利な非常食なども紹介。ペットボトルと懐中電灯で作るランタン、紙コップづくりを伝授。断水時のトイレの使用方法もその場で紹介しました。非常持出袋を用意している人が半分以下だったので、一つずつからでも手提げ袋にでも入れていってください、備蓄品は一週間分を目安に用意してくださいと呼びかけました。約220人が班に分かれて、煙の中からの脱出方法、消火器の使用、AEDの使用方法、防災グッズ・・と順番に回り訓練が無事終了しました。

コメントは受け付けていません。