香川県高松市男女共同参画センター

img_3396
新入社員の高橋まつりさんが亡くなられて一年。お母さんの手記が公表された。娘さんに先立たれて未来も希望も失われたと記されている。どうして娘を助けられなかったのか・・と後悔されている。なぜ、仕事を辞めるように強く言わなかったのか・・と。ずっと以前にも知人から、娘が生きて私の手元に帰ってきてくれた(退職)・・と話してくれたことがある。長時間労働で夜中に帰ってきたと思ったら、また朝早く出勤していく娘さんのことを心配していたからだ。まつりさんの過労自殺を決して忘れないで、日本で当たり前に考えられている長時間労働、その働き方の変革を進めなければならないと思う。これから、労働環境がどう変わっていくか注視していきたい。

コメントは受け付けていません。