香川県高松市男女共同参画センター

節分大黒様 037
静岡県警の意識調査結果によると、ストーカー行為をする動機は、「元の関係に戻りたい」が41.3%、「自分を理解してほしい」30.8%、「憎しみや怒りがある」26.9%、「会いたい、会話ができればよい」26.0%の順(複数回答)だったとか。そして「ストーカー行為をしていると思っていない」が25%だったとか。被害者との関係は交際相手や元交際相手が48.1%で最も多かったという。この意識調査はストーカー規制法に基いて警告を受けた等の加害者が対象で回答者は約100人。うち男性が約9割。自分は交際を続けたいけれど、相手は続ける気持ちがない。そんな場合は、辛い、苦しいことだけれど、それを乗り越えて新たな気持ちで前向きに進むことが、将来の自分のためになると思う。悩んだときは誰かに相談するか、公の相談窓口にアクセスしてみましょう。 (写真は田村神社の節分祭で会う大黒様)

コメントは受け付けていません。