香川県高松市男女共同参画センター

P1090379男女共同参画週間の最終日、フィンランド生まれの坂根シルックさん(東京農工大学特任教授)の講演を拝聴しました。フィンランドといえば、男女平等の先進国、高福祉の国として知られています。男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数の順位も世界第3位、ちなみに日本は101位です。フィンランドの国民性、価値観は、誠実、もの静か、自然体、ストレートに表現、本音でつきあう、お世辞が言えない…などだそうです。消費税は24%、食品は14%。学費は大学まで無料。家庭では、できる人ができることをするという考え方。成人女性の8割が働いている。1995年に男女平等法が制定され、2000~2012年は女性の大統領とか。子どもは概ね20歳前後で家を出て自立しようとする。子どもの頃から自分の意見が言え、考え、行動する子に育てるようです。シルックさんは、自然の中で何もしないで一人で過ごす、シンプルな生き方が好きとのこと。大いに共感…でした。

コメントは受け付けていません。