香川県高松市男女共同参画センター


相変わらず児童ポルノ摘発が増加している。昨年1年間に摘発した児童ポルノ事件は3097件で、前年比28.3%増で過去最多と発表された。摘発件数全体の約5割は写真を撮影する「製造」で1417件、小児性愛者グループで画像を共有するなどの「提供・公然陳列」は729件とか。一方、被害状況で見ると、だまして裸の写真を撮らせて送信させる「自画撮り被害」が541人で最多。自画撮り被害者の9割は中学生と高校生なので、保護者は知らないところで子どもが被害に遭うかもしれないので危険なことを話しておくことが必要。「盗撮」が295人。「児童買春・淫行行為」175人、「強制性交等・強制わいせつ」80人などとなっているそうだ。また、小学生以下の被害は「盗撮」が5割強を占めているので、盗撮されないように注意しよう。  (写真は栗林公園の正門を入ると、この松がお出迎え)

コメントは受け付けていません。