香川県高松市男女共同参画センター

P1140592
きょう、たかまつミライエの多目的室で「南海トラフ大地震に備える」シンポジウムを開催。(主催:高松市婦人団体連絡協議会、共催:男女共同参画センター)講演の講師は岩手県陸前高田市地域婦人団体協議会幹事の佐々木美代子さん。佐々木さんは「今だから言える、6年間を振り返って」と題してお話ししてくれました。3.11から6年半、時々復興の様子がテレビで放送されますが、まだ仮設住宅に住んでいる方も少なくない。そして大切な人を失い、もやもやした状態で悲惨さから抜け出せていない人が少なくないようです。「人は、人との関係で生きている」と強調され、自分の命は自分のものであると同時に「その人につながる人のもの」でもあり、それが今も苦しみとなっているとか・・。佐々木さんのひと言、ひと言が胸に響いてきました。まずは自分の命を守るためにしっかり備えなければ・・と思いました。自主防災組織には障がいのある方、女性の参画が重要です。

コメントは受け付けていません。