香川県高松市男女共同参画センター

P1140332
財務省のセクハラ問題後、官民でセクハラ研修が増えつつある。きょうの報道によると、各府省の昇任の要件にセクハラ防止研修の受講が必須となったようです。これまで女性記者に限らず、各府省の職場の女性もセクハラを受けていた人がかなりいるのではないでしょうか。その場ではサラリと受け流すことができても、あとでそのときの不快感がいつまでも残る。筆者もその経験はある。今もそのときの会話は忘れていない。今回のような問題が起きないよう、セクハラ研修はきっちりと実施し、防止に取り組んでほしいものです。  (写真は京都宝泉院の額縁庭園、樹齢700年の五葉松)

コメントは受け付けていません。