香川県高松市男女共同参画センター


32歳の若い女性(保育士)が男性に殺害されるという事件が起きた。ニュースを聞いて憤りを感じた。なぜ、あのような残虐な手口で女性の命を奪ってしまうのか。未来に向かって一生懸命生きている女性の命を自分勝手な理由で奪ってしまう、このような事件が後を絶たない。センターとしてはDVをはじめデートDV、ストーカー等の防止に取り組んでいるが、どう防いでいけばいいのか。被害者と加害者は乳児院勤務で同僚だったという。男性が女性に好意を持っていたという報道もあるが、自分の思うようにならず、カッーとなって腹いせに殺害に及んだのだろうか・・。最近、アンガーマネジメント講座の受講者が増えている。また、幼稚園児から小学生、またその保護者を対象とした講座も盛んになってきた。いかに怒りを抑えるか、これを身に着けることは大事だと思う。怒りで大切な人の命を奪ってはならない。 (写真はレンギョウ)

コメントは受け付けていません。