香川県高松市男女共同参画センター

P1040353
お茶の水女子大が2020年4月からトランスジェンダーの学生の入学を受け入れる方針を発表した。20年度の学部と大学院の新入生からが対象で、入学後の学生生活もサポートするとか。国内の女子大では初めてのこと。お茶の水女子大学では今年から施設整備等の準備に着手する予定という。先日、奈良女子大学も検討するらしいという報道もあった。戸籍上では男性でも、本人は心と体の性が一致しない、自身の性別は女性と認識しているトランスジェンダーの人の入学が可能になる。差別や偏見から解放され、だれもが自分らしく学び、自分らしい人生を送ることができる社会づくりへの前進になるのではないでしょうか。 (写真は瀬戸内海の高松港沖の風景)

コメントは受け付けていません。