香川県高松市男女共同参画センター


「学校給食と子どもの健康を考える香川」が 11月8日(金)10:00~12:10 当センターの市民企画でテーマは「じょうぶな子どもが育つ”お米”のちから」を開催します。講師は、著書「粗食のすすめ」で有名な幕内 秀夫さん(フーズ&ヘルス研究所主宰)。会場は当センター(たかまつミライエ6F)です。各地で 新米が出回る季節になりましたね。香川県民はうどんをよく食べますが、うどんと同時にちらし寿司や巻き寿司、いなり寿司、又はおむすびなどを食べたりします。お米も大好き。お米のちから、こどもの健康について考えてみましょう。参加費は前売で1,000円、当日は1,200円、お申し込み・お問合せは、学校給食と子どもの健康を考える香川070-5355-9856まで。 (写真は”瀬戸芸”の帰りに見た夕陽)

コメントは受け付けていません。