香川県高松市男女共同参画センター


今朝のTV番組で、平成時代に非正規雇用がずいぶん増えたと伝えていた。昭和63年ごろ817万人だったのが今は2120万人でなんと2.5倍。運悪く不況のときに就活した某男性は50社ほど受けたが正社員になれなかったという。その年は5人に1人は就職できなかったとか。リーマンショックが起きたときは雇止めになったという。38歳で大学院に入ったがその後も正社員にはなれなかったそうだ。平均賃金を比べると、大企業は約37万円程度、非正規は22万円程度らしい。賃金格差は大きい。今は人手不足で正社員にもなり易い状況のように見えるが、果たしてこれから正社員と非正規の割合は狭まるのか、広がるのか・・・。注視していきたい。 (写真は咲き始めた山吹の花)

コメントは受け付けていません。