香川県高松市男女共同参画センター

12月に入って香川県内で詐欺が続発しているらしい。報道によると、高松市内の83歳の女性が、現金50万円とキャッシュカードをだまし取られたとか。女性は孫を名乗る男から電話で「メロンを送ったけど、郵便局に別の場所へ送られた。箱の中に仕事のお金を入れていた。急いで50万円貸してほしい」と言われ50万円を用意すると、その日に孫の上司の息子と名乗る男が自宅に来て現金とキャッシュカードを渡したとか。孫以外に郵便局員、孫の上司という男からも電話があった・・という念の入れよう。女性が娘に相談してだまされたことがわかったそうだ。犯人は孫の名前や女性の住所を知っていたという。とにかく、お金の電話が掛かってきたら、まず詐欺だと考える。すぐに息子や娘、孫など本人に確認しよう! 警察に相談するなど、一人でお金やキャッシュカードを渡さないように! とくに高齢女性は気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。