香川県高松市男女共同参画センター

香川県警の公表によると、今月14日に「性犯罪指定捜査員に新たに17人の警察官が指定され、そのうち男性警察官5人が含まれている。男性の起用は初めてとか・・。2017年にこれまでの「強姦罪」から「強制性交罪」に変更した改正刑法が施行され、女性の被害者だけでなく、男性の被害者への聞き取りや心のケアも担当するため。県警の公表によると、昨年県内で認知した性犯罪は36件で、そのうち2件は男性が被害者だという。2019年度は生活安全、刑事、交通など各部の警察官計84人で編成されているそうです。かつて「女性は暗い夜道は気を付けて」などというポスターがあったが、性別などに関係なく、常に危機感をもって身の安全には気を付けなければなりませんね。

コメントは受け付けていません。