香川県高松市男女共同参画センター

来年4月から親の体罰が禁止となる改正虐待防止法が成立。これまで体罰を「しつけのため」と言っていた親はしつけの在り方を見直さなければならない。「しつけ」と称した虐待により、子どもの命が奪われる事件が相次いだ。二度と悲劇を起こしてはならない。体罰禁止が決まり本当に良かったと思う。筆者自身も子育ての時、子ども(長女)をたたいたことがある。後で自己嫌悪に陥り、これぐらいの痛さだったのかな?と自分を何度もたたいてみたことがある。今でもそのことは反省として忘れない。だから二女の時は子どもの目線まで低くなって話すようにした。とにかく体罰をしないで子どもとじっくり向き合い話すことが大事だと思う。 (写真は瀬戸内海にある豊島、美術館に向かう道は心が開放される。)

コメントは受け付けていません。