香川県高松市男女共同参画センター

P1150416
きのうは、東日本大震災から7年に関する報道番組などが相次いだ。津波の映像もたびたび映り、高松で初めて震災発生を知り、テレビをかけて仙台空港の津波の様子を視た時のことが思い出された。一番感じたことは、7年も経つのに復興が道半ばであるということ。避難者も今なお全国に約73,000人もいることに驚く。そして「復興格差」という言葉も耳にする。震災後当初から「復興失くして再生なし」ということが声高に言われた。復興には当然多額の予算が必要となる。「森友学園の8億円の値引きは考えられない・・」そんな声が聞こえてくる。   

コメントは受け付けていません。