香川県高松市男女共同参画センター


一昨日、高松市内で36歳の三女が66歳の母親とけんかをして三女が母親の首を絞めて母親が亡くなったという事件が起きた。三女は「母親が認知症で言うことを聞かなかったので腹が立った。殺すつもりはなかった」と話しているという。この親子は同居していて、なんらかのトラブルがあった末の事件のようだが、経緯や動機については県警が調査中とのこと。市内の身近なエリアで起きた事件のニュースを聞いて驚いた。母親が認知症というのが本当なのか、どの程度の症状なのか気になるが、もし日常生活において困っていたのであれば、早めに病院や公的機関の相談窓口に行って助言を得ていれば・・と思う。  (写真は栗林公園内)

コメントは受け付けていません。