香川県高松市男女共同参画センター

P1150326
2017年の特殊詐欺の香川県内の被害額は前年に比べ6割減で過去最少だったとか。件数も4年ぶりに80件台になったという。一方、全国的には認知件数が7年連続で増加、昨年は18,000件超で被害額は約390億円強になったという。相変わらず新手の手口が使われている。特に女性は「息子」のひと言にだまされやすい。老後のために確保していたお金を詐欺で失い、高齢女性の貧困化が進まないようにしなければならない。詐欺対策として電話着信時に「この電話は特殊詐欺を防ぐため録音されています」などの声が流れる撃退装置は有効だと思う。筆者の知人も設置している。とにかくすぐに相手の言いなりにならず、電話を一旦切って警察に連絡しましょう。 (写真は「たかまつミライエ」の花壇)

コメントは受け付けていません。