香川県高松市男女共同参画センター

20080503 075
きょうのタイトルは、6月23日から始まる男女共同参画週間のキャッチフレーズ。つまり、男女の共同作業で物事をしていけば◎二重丸になるという。たとえば、家事・育児にしても妻側は「夫は1割、妻が9割」と感じている女性が37%程度、一方、夫側は「夫3割、妻7割」が27%でそれぞれ最多の数だったとか。これは某建築会社が調査した結果。男女の認識の差が出ている。夫が気づいていない家事を女性がしていることは多いだろうと思う。筆者は命に別状のないことは言わないようにしよう、と自分に言い聞かせている。育った環境や経験等から男女で家事のやり方も違う。いちいち言っていたら、相手もしたくなくなるでしょう。家事経験が少ない夫が家事をしたら、とにかく誉めるのが効果大。多少気に入らないことがあっても、命に別状ないことならOK!共同作業も進むんじゃないかな。  (写真は小豆島の肥土山農村歌舞伎。数年前の写真だけど、また行ってみたい。毎年5月は肥土山、10月は中山で開催されます。)

コメントは受け付けていません。