香川県高松市男女共同参画センター

2018年版の男女格差報告(世界経済フォーラム)が発表された。残念ながら日本は149ヵ国中110位(昨年114位)で、米国51位、中国103位より低く、先進7ヵ国中最下位となっている。日本より低いのは、韓国115位、トルコ130位、サウジアラビア141位となっている。日本において女性進出が進んでいないのは、政治、経済分野で、女性議員や大臣が少なく、企業の幹部、管理職の割合も少ないのが実態。世界で一番女性が進出しているのは、アイスランド、2位ノルウェー、3位スウェーデンとなっている。女性が議員に立候補したいなと思っても「夫や家族に反対される」という声をよく聞く。家族をはじめ周囲の人の積極的な協力、応援が求められるところですね。  (写真は当センター「さんかく交流サロン」で作ったリボンツリー)

コメントは受け付けていません。