香川県高松市男女共同参画センター

2004.2.13 036
誰でもいつでも映像・情報を発信できる時代になったが、中学生が暴行シーンを撮影してそれを平気でネットで流す。今朝、ニュースで視て、なんという世の中になったのか・・と驚いた。殴る,蹴るの暴行、それを必死でこらえる男子。撮影する男子、ただ見て笑う男子。学校も同校の生徒と認め、いま対応中らしいが、どう対応するのか、また、暴力を振るった男子の保護者も自分の子どもにどう対応するのか、注視していきたい。暴行を受けた男子の親は警察に届けたという。この場合はまさに犯罪といえるでしょう。ゲームにしても、映画やTVドラマにしても、漫画にしても、暴力シーンが多すぎるのではないか。そういうシーンを見ても無感覚になっているのでしょうか・・。    (写真は栗熊の福成寺の寒桜)

コメントは受け付けていません。