香川県高松市男女共同参画センター

p1040025-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc最近、80歳過ぎの高齢者の運転で死亡事故が相次いでいます。つい先日も83歳の女性の暴走で30代の男女が引かれて亡くなられたという。なんとも痛ましい事故に言葉も出ない。運転者自身はまだ運転できると思っていても、とっさの反応、判断力が劣っているのではないか。個人差にもよるが、やはり80も過ぎれば自分が加害者になって大切な人命を奪ってはいけない、と免許返納を一考すべきではないだろうか。高齢者のいる家族も本人と話し合う必要があるのではないでしょうか。特に未来ある若い人の人生を奪ってはいけない。これを機会に家族ともどもよくよく考えてみましょう。 (写真は新参画センターの受付、6階フロアはパープルを基調色としています。)

コメントは受け付けていません。