香川県高松市男女共同参画センター


報道によると、自衛官募集ポスターのアニメの女子の超ミニスカートから下着が見えるような描写に批判の声が上がっているとか。募集している部署は「下着ではなくズボンだから問題ない」というふうに答えているそうな。批判している人は「セクハラ」に当たるなどと指摘しているという。筆者もポスターをひと目見た時、一番に目に入ったのが指摘の部分。女性のからだの性的な部分をアイキャッチにして若い人を自衛官募集に関心を持たせるのが狙いでしょう。しかし、この描写に不快感を感じる人もいることを無視してはいけないのでは? セクハラと感じる人がいることも想定できる。公的な部署のポスターであれば、セクハラを感じさせてはいけないのではないでしょうか。ポスターは人目につくところに貼るもの、子どもも見るでしょう。このポスターのデザインの企画に係ったメンバーに女性が何人いたのかどうかも知りたいところ。声が上がったことはよかったと思う。  (写真は当センターのトイレ表示。どなたでも利用できますよ、と呼びかける表示)

コメントは受け付けていません。