香川県高松市男女共同参画センター

20070909HYOUGEMATSURI 004スマホで簡単に撮影ができるようになり、盗撮、児童ポルノ事件などが増加している。ごく普通の人、子どもたちが加害者にも被害者にもなり得る時代になったと言えるでしょう。報道によると、昨年の児童ポルノ事件の被害のうち、約4割が自画撮りで2012年から1.8倍に増えたとか。被害者の50%以上が中学生、高校生39%、小学生5%だったそうだ。LINEで出会った人に求められ、気軽に送信したりしていると、児童ポルノ禁止法違反で捕まるし、自画が拡散したり、「拡散させるぞ」と脅されたりして、とんでもないことになる。保護者も十分に気を付けましょう。特に女の子は裸の自画撮りをしたり、送信するのはやめましょう!!自分の危機管理を考えましょう。  (写真は奇祭で有名な高松市香川町・ひょうげ祭り、今年は9月11日)

コメントは受け付けていません。