香川県高松市男女共同参画センター

p1100095-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
熊本地震のとき、乳児用液体ミルクがフィンランドから支援物資として届けられ、好評だったそうです。このほど、政府がこの液体ミルクの製造販売の解禁に向けて検討する考えがあるとの報道がありました。震災時などに粉ミルクを溶かすお湯が手に入らなかったとか、母乳が出なくなったとか、そんな緊急時に液体ミルクが役立ったとか。また、男性の育児参加を促すことにもつながると考えているようです。国外では乳児用液体ミルクはペットボトルなどで販売されており、乳首型の吸い口を付ければすぐに飲ませることができるとのこと。安全に造られ、安全に保管できるかが気になるところ。今後の検討を見守りましょう。  (写真は豊島美術館がある周辺の風景。開放感がたっぷり・・)

コメントは受け付けていません。