香川県高松市男女共同参画センター

P1040127
札幌市で49歳の夫(無職)に複数回殴られて23歳の妻はぐったり・・病院に搬送されたが死亡したという。男性は傷害致死容疑で逮捕されている。女性はもめごとで警察に行ったとき、夫のDVが発覚し、夫から離れるように言われたが、妻は「夫と一緒にいたい」と言ったとか。そう言った理由はわからない。内閣府の調査によれば、配偶者から一度でも暴力を受けた割合は女性31.3%、男性19.9%。この場合の暴力は身体的暴行、心理的攻撃、経済的圧迫、性的強要である。また、配偶者間の犯罪の被害者の割合は、傷害は女性92.5%、暴行は女性91.3%と被害者はほとんど女性。女に生まれたばかりに、なぜ女性は男性から暴行を受けなければならないのか。友人の一人が「小さい時から息子に絶対に女の子を殴ってはいけないと言ってきた」と・・。

コメントは受け付けていません。