香川県高松市男女共同参画センター

 年末に配偶者の介護調査結果(民間某企業)が目についた。妻の介護をしたいと回答した男性は53.4%、一方夫を介護したいと回答した女性は30.9%で、22ポイントの差があったという。果たしてどちらの方が本音に近いのか・・。女性の場合、夫の両親の介護を夫がしないので苦労して介護している場合が少なくない。介護の大変さが分かっているので、この結果になったのだろうか。また、「介護したいと思わない」と答えたのは、男性が5.2%だったのに比べ、女性は15.5%だったとか。これらの調査結果を参考にして、男女共にできるだけ介護期間が少なくなるよう、健康寿命を延ばすための努力をしたいものです。食生活、適度な運動、自分のことはできるだけ自分でする、趣味を持つ・・等々。  (写真は当センターの正月飾り)

 

コメントは受け付けていません。