香川県高松市男女共同参画センター

子どもたちの未来に明るいニュース。食品ロス削減推進法が成立したという。コンビニの恵方巻きの廃棄風景がTVで流れて、食品ロスの多さにびっくりさせられた。2016年度に廃棄された食品は約2,759万トン、そのうちまだ食べることが可能だった食品は約23%で約643万トンあったそうだ。家庭の冷蔵庫では食べきる、使いきるよう努力しているが、飲食店などで捨てられる食べ残しも少なくないようです。今回の法施行によって食品ロスを減らそうという人が増えるのを期待したい。当NPO法人たかまつ男女共同参画ネットでは、フードバンク香川と連携し、食品業界からの寄贈品を頂き、それを必要とする家庭にお渡ししています。日頃から、子どもたちに「食べものを無駄にしない」ことを教えていきたい。

コメントは受け付けていません。