香川県高松市男女共同参画センター


昨夜、NHKのTV番組で、夫104歳、妻97歳の家庭の紹介を視ました。なんと日々の料理は104歳の夫が担当、手慣れた手つきで上手に作っていて、お二人が美味しそうに食事されている様子は微笑ましかった。それを拝見し、びっくり。104歳の男性が料理をしているのを見たのは初めてだから。さらに近くの海岸に釣りに行きアジを釣って帰り、魚をさばいてさっそくから揚げにして食卓に載せていました。ご夫妻はそうした生活を楽しんでおり、妻は「もう早よう死にたいわ、という人がいるけど、私は死にたいなんて思わない。生きているからこそ、こうして楽しい時間を過ごせる」というふうに言われていました。次に紹介された男性も退職後に料理をするようになり、友人を招いて、「美味しい、と喜んでもらえるのが嬉しい」と話されていました。とても印象に残る良い番組でした。 (写真は高松市郊外・田んぼのあぜ道に咲いた曼珠沙華)

コメントは受け付けていません。