香川県高松市男女共同参画センター

厚労省が調べたデータによると、例えば1980年生まれで65歳まで生きた人は、男性の43%が90歳まで生き、女性の69%が90歳まで長生きするだろうと推計できるとか。そのうち100歳まで生きるのは、男性が6%、女性が20%だろうという。それで、心配なのが年金問題と医療費の増加。今後のキーワードは「健康寿命を延ばそう」。健康管理に気を付けて、仕事ができるうちは仕事をしたり、地域コミュニティ活動をしたり、適度な運動をしたり、いつまでもいきいきと暮らせるようにしたいものです。次世代の人たちの負担が大きくならないようにしていきたい。

コメントは受け付けていません。