香川県高松市男女共同参画センター

2002.9.13 004今国会で性犯罪を厳罰化する刑法改正が実現するかどうか、特に女性たちは注目している。きょうの衆議院本会議で可決されたようだ。改正案では、①「強姦罪」を「強制性交等罪」に改め、男性の被害者も含むことに。②法定刑の下限を懲役3年から5年に引き上げ。③被害者の告訴が必要な「親告罪」を告訴不要に。これまで、「なぜ、強姦罪が強盗罪より刑が軽いのか」とか「被害者の親告がなければ犯罪が成立しない」など、女性にとって理不尽とも思える内容だった。また、今回の改正案では、親などによる子どもへの強制的な性交、わいせつ行為も暴行や脅迫がなくても犯罪が成立することになるとか。改正案が決まれば、なんと110年ぶりの改正だという。女性の人権が侵害され続けてきたということでしょうか。   (写真は北海道の風景、過去に撮影)

コメントは受け付けていません。