香川県高松市男女共同参画センター

育児と介護のダブルケアを担っている人が全国で約25万人いるとの調査結果が公表されました。その8割が30代・40代だとか。働き盛りの年代だから、ほ んとに大変ですね。仕事と子育てと親の介護で、もう無理・・ということになると退職せざるを得ない。でも、子育ても介護もお金がかかる、40代後半ともな ると、子への仕送りなど教育費の負担が増えるでしょう。約25万人ダブルケアの人のうち、男性は約8万人で32%、女性は約17万人で68%だったそうで す。いかに、女性の負担が大きいか・・。結婚して、お互いの親の介護をだれがするか、家族でよく話し合わなければならないと思いますが、「子育ても介護も 家事も女性の仕事」という古い固定観念だけはもう変えなければならないでしょう。今年の男女共同参画週間のキャッチフレーズは「意識をカイカク。男女でサ ンカク。社会をヘンカク。」です。社会をヘンカクしていかないと、超少子高齢化はますます進むでしょう。身近な生活現場から変えていきたいものです。    (写真はサクランボ、今年も実りました)

さくらの実

コメントは受け付けていません。