香川県高松市男女共同参画センター

p1000423%e6%a0%97%e6%9e%97
山口、宮崎、佐賀の3県の知事が妊婦ジャケットを身につけ、妊婦の大変さを体験されたとか。ジャケットは妊婦が七カ月ぐらいの頃の重さという。男性が妊婦ジャケットをつけるのはちょっぴり恥ずかしいと思われるが、女性の立場としては、よくぞ体験してくださったと思う。十月十日といわれるが、その間、つわりや妊娠中毒症など、辛い体験もある。個々によってその度合いは異なる。生まれるまで、とくにパートナーがいろいろ気遣ってくれたり、思いやりの態度を見せてくれると、妊婦の気持ちも和らぐ。苦労しながら新しい命を育み、ひとりの人間として尊重され、個性も生かされるよう育てていかなければならない。家庭でも、地域でも見守られながら・・。妊婦ジャケットの体験が気軽にできるような機会が増えるといいですね。  (写真は栗林公園の花園亭で朝がゆをいただくときの部屋の窓から)

コメントは受け付けていません。