香川県高松市男女共同参画センター

11月23日開館のたかまつミライエ(6Fが参画センター)

11月23日開館のたかまつミライエ(6Fが参画センター)

今年の男女共同参画週間(23日から)のキャッチフレーズは、「意識をカイカク。男女でサンカク。社会をヘンカク。」 男性も女性も多様な暮らし方、働き方が可能な社会づくりを目指したものです。実質賃金が増加していない、といわれていますが、暮らしのゆとり、将来のことを考えると、やはり共働きが必要となります。女性の場合、仕事も家事も育児も・・とあてにされ、大きな負担となります。家事・育児は女性がするものという意識をカイカクして、できる人ができることからしようという心構えになるなら、助け合える家庭になるのではないでしょうか。また、職場でも、地域でも、男女で意見やアイデアを出し合えば、前進していくのではないでしょうか。一人ひとりの意識がこれまでの固定観念から脱していけば、社会を少しずつ変革していけるでしょう。次世代の人たちが暮らしやすい社会にしていきたいものです。高松のことでん瓦町8Fでパネル展が開催されます。ぜひお立ち寄りください。

コメントは受け付けていません。