香川県高松市男女共同参画センター

熊本地震は南海大地震の発生が予測されている四国の住民に数々の教訓をもたらしています。まず、非常食の備え。断水、停電した場合、すぐに必要な飲料水。 非常持出袋にペットボトル入りの水と紙コップ(1袋ほど)を入れておくと、自分も飲めるし、分けてあげることもできます。紙コップは食器代わりにもなり、 リュックに入れても軽い。割り箸もいっしょに。また、空いたペットボトルは水筒代わりになります。食品はレトルトのおかゆやゼリー飲料がそのまま食べれて 水分もとれます。カロリーメイトやお菓子も便利。家庭の備蓄としては、無洗米(洗わずに使える)、おかず用缶詰、缶入りパンなど。飲料水を箱買いし、一本 使ったら補充しておく、缶詰も食べたら補充・・・というようにするのがローリングストック方式。この方法だと、一度に揃えて、気がついたら消費期限が切れ ていた・・・にはならないでしょう。少しずつ備えておきたいものです。  (写真はひとえのヤマブキかな?)

P1020988

コメントは受け付けていません。