香川県高松市男女共同参画センター

11月24日(土)10:00~12:00「親・教師のためのLD・ADHD・アスペルガー対応講演会~ロールプレイで演じ、解説~」があります。参加費は無料。企画運営は「香川LD周辺児(者)親の会」。会場は、当センターの学習研修室(全室使用)です。託児については、申し訳ないですが、現在満員の状況です。聴講ご希望のかたは、直接会場までお越しください。お待ちしています。

11月29日(木)に記録映画「土と育つ子どもたち」の上映があります。上映は午前10:30~と午後1:30~の2回。上映時間は42分です。映画は、東京都東久留米市の自由学園の初等部1年生から6年生までの「畑の勉強」を中心とした日々の学びの記録。土、樹木や植物、虫や鳥、上級生、下級生、同級生。自らを取り巻くすべてのものが先生となり、遊び、学び、成長していく生き生きとした子どもたちの姿があります。企画・運営は高松友の会。参加費は無料。お問い合わせは高松友の会087-821-8996  お申し込みは087-833-2282 へ。お待ちしています。

11月28日(水)10:00~12:00に開催するのは「いただきます~みそをつくる子どもたち~」の上映会です。メッセージは「しあわせは、食卓の中にある。笑って、泣いて、ほっこり元気をもらう 子育てエンターテイメント・ドキュメンタリーです」。企画は、学校給食と子どもの健康を考える会香川支部。参加費は前売り1,000円、当日1,200円。託児は17日予約締切ですが、2歳以上であればまだ予約できるかも。託児の問い合わせは、087-833-2282  当参画センターまで。映画の申込み、問い合わせは先は、大佛(おさらぎ)090-3785-6779まで。お待ちしています。 (写真:咲き始めたさざんか)

11月25日(日)13:30~15:30 ドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」の上映があります。企画は当センター登録団体「自由席」(代表/湯浅。090-3181-4519)この映画は、福島往復38回、取材日数のべ82日、収録時間600時間以上。経済価値が無いからと言って被ばく牛の殺処分に合意できますか?被ばく牛を生かし続ける農家の群像を描いた問題作・・とのこと。監督:松原 保、プロデューサー:楢葉 健 2016年・ドキュメンタリー1時間39分の映画。参加費は1,000円(大学生以下無料)。無料託児の希望者は11月17日(土)までに要予約。申込みは087-833-2282まで。お待ちしています。

 

 

11月23日(金・祝)から男女共同参画市民フェスティバルが始まります。会場は「たかまつミライエ6F」ほか。23日からパネル展スタート。また、午後1時からハンセン病問題についての講演&映画があります。オープニングの「ココペリアンブラス」によるミニコンサートをお楽しみください。13:30~映画上映「国及び地方公共団体の責務とは~らい予防法と無らい県運動~」。続いて、黄 光男(ファン グァンナム)さんが「人生被害~裂かれた絆」と題して講演。15:40~則武 透 弁護士の「十坪住宅の復元と世界遺産登録を目指して」という講演があります。参加費は一般・学生 500円、高校生以下は無料です。みなさんのご参加をお待ちしています。お問い合わせは、同実行委員会087-833-2282へ。  (写真は宇多津・郷照寺/78番札所)