香川県高松市男女共同参画センター


「学校給食と子どもの健康を考える香川」が 11月8日(金)10:00~12:10 当センターの市民企画でテーマは「じょうぶな子どもが育つ”お米”のちから」を開催します。講師は、著書「粗食のすすめ」で有名な幕内 秀夫さん(フーズ&ヘルス研究所主宰)。会場は当センター(たかまつミライエ6F)です。各地で 新米が出回る季節になりましたね。香川県民はうどんをよく食べますが、うどんと同時にちらし寿司や巻き寿司、いなり寿司、又はおむすびなどを食べたりします。お米も大好き。お米のちから、こどもの健康について考えてみましょう。参加費は前売で1,000円、当日は1,200円、お申し込み・お問合せは、学校給食と子どもの健康を考える香川070-5355-9856まで。 (写真は”瀬戸芸”の帰りに見た夕陽)


男女共同参画市民フェスのワークショップ紹介:11月24日(日)13:30~15:00 テーマ「すくすく子育て~子どもの安心・自信・自由~」子どもを育てていると不安になったり、イライラしたりすることはありませんか? どんな気持ちも持ってはいけないなんてことはありません。大事なことは、そういう感覚や気持ちとどうつきあうか。こどもは大切な人です。そして子どもを育てているあなたも大切な人です。不安やイライラした気持ちになった時にどうしたらいいのかを”もしもの話”で一緒に考えましょう! 乳幼児期の子どもの発達のミニ疑似体験もあります。「なるほど!」と思うこと間違いなし! ぜひご参加ください! 参加費は300円(資料代)企画運営は香川CAP 申込み・お問合せは087-881-2765又は参画センター087-833-2282まで。無料託児あり、11月16日締切 (写真は参画センター託児室、託児説明会にて)


11月は恒例の男女共同参画市民フェスティバル開催月。スタートはたかまつミライエ3周年に当たる11月23日(土)から12月8日まで。順次ワークショップや映画などをご紹介していきます。最近、プラスチックごみが問題視されていますね。ストローをプラから紙製に替えるという声も。11月25日(月)「高松友の会」企画のワークショップ「未来のために できること~プラスチックごみについて考えてみましょう~」があります。「わたしたちの瀬戸内海から海ごみがなくなる日」(香川県)を上映。10:30~と13:00からと2回上映その後プラスチックごみを減らす工夫を語り合います。興味のある方はコットンたわしを編んでみませんか。映画は無料、コットンたわしは実費。無料託児付き(16日までに要予約)お問合せ、申込みは同会087-821-8996又は087-833-2282当センターへ。 (粟島の瀬戸芸作品で海に漂う数々のプラスチックと漁網を表現) 


11月1日(金)から参画フェス・講演会の申込みを受け付けますので、みなさん振るってご参加ください。日時は11月30日(土)午後1:30~3:30 たかまつミライエ1F多目的室で行います。講師は、国連ウィメン日本協会理事長・有馬 真喜子さんです。演題は「みんな参画 みんないきいき~だれもが自分らしく生きる~」有馬真喜子さんは、朝日新聞記者を経て、テレビ番組「奥様ニュース」のニュースキャスターを担当、その後、横浜女性フォーラム館長に就任、後に横浜市女性協会理事長に就任。また、国連婦人の地位委員会日本代表、世界人権会議日本政府代表、第4回国連世界女性会議日本政府代表顧問等の数々の要職を歴任、現在、津田塾大学理事、国民生活センター特別顧問などを務められ、活躍されています。参加費は無料。託児付き(無料、11月16日までに要予約)。手話通訳あり。申込みは087-833-2282 FAX087-833-2286 へ。大勢の方々のご応募をお待ちしています!!


消費税が上がり、年金受給は将来どうなるか・・・気になるところですね。家事と家計の工夫をいろいろ教えてくれる講座があります。日時は11月15日(金)又は21日(木)。どちらも当参画センターで。時間は10時~11時半。これは当参画センターの市民企画で「高松友の会」の企画・実施。参加費は前売り400円、当日500円。託児は1人300円。一週間前までに要予約。家計簿レッスンのほか、エコな暮らし方、時間の使い方の工夫、食生活についての提案などがあり、暮らしをスッキリ、楽しくしていけるアドバイスが得られることでしょう。お申し込み、詳細は「高松友の会」&FAX087-821-8996
HP:https://takamatutomo.jimdo.com/ へ。   (写真は伊吹島での瀬戸芸の作品、近づいてよく見ると、なんとすべて刺繍だったのでビックリ!)