香川県高松市男女共同参画センター

P1140332
財務省のセクハラ問題後、官民でセクハラ研修が増えつつある。きょうの報道によると、各府省の昇任の要件にセクハラ防止研修の受講が必須となったようです。これまで女性記者に限らず、各府省の職場の女性もセクハラを受けていた人がかなりいるのではないでしょうか。その場ではサラリと受け流すことができても、あとでそのときの不快感がいつまでも残る。筆者もその経験はある。今もそのときの会話は忘れていない。今回のような問題が起きないよう、セクハラ研修はきっちりと実施し、防止に取り組んでほしいものです。  (写真は京都宝泉院の額縁庭園、樹齢700年の五葉松)

2009かもの列032
国際労働機関(ILO)が職場のセクハラ、暴力をなくすための国際基準の枠組みについて、拘束力を持つ条約制定の方針を決めたようです。しかし、賛成の国、反対の国、ハラスメントの定義をもっと議論すべきとの声が上がっているとか。日本は消極的だという報道も。ああ、やっぱり・・という声が聞こえてきそう。前財務事務次官のセクハラ問題でいかに幹部がセクハラについて正しく理解していないということを多くの国民が知りえた。「条約ができても日本はなかなか批准しないのでは・・」という声も聞こえてくる。今後の動きを注視していきましょう。

P1150794
6月といえば「男女共同参画週間」があるイベント月。高松市男女共同参画・協働推進課でも多彩な行事を予定しています。(写真は広報たかまつ6月1号掲載ページ)パネル展は当センター(23日~)とたかまつ防災プラザ(25日~)。6月27日(水)13:30~女性の弁護士による法律講座「泣き寝入りしない!家庭内紛争~DV、モラハラ、性的虐待 あなたの権利を守るために~」の受講者から4人個別相談あり。(6/1~受付087-839-2275まで)。6月29日(金)防災合同庁舎3階で13:30~講演会「女性・男性・家庭の視点で考える防災~大地震でも生き延びる~」講師は危機管理教育研究所代表・国崎信江さん。6月22日までにfax839-2190またはEメールdanjyo@city.takamatsu.lg.jpまでお申込みください。当参画センター087-833-2282でもOK。詳細は当ホームページ男女共同参画週間のページにも掲載しています。ふるってご参加ください。

P1140320
きょう5月31日は世界禁煙デー。受動喫煙による健康への影響が問題ということで公的な施設等では全館禁煙が増えている。報道によると、47都道府県庁舎内の禁煙調査結果では、8割の道府県が完全禁煙だが、議会の禁煙についてはわずか3割で、7割の32都道府県で喫煙できるとのこと。こういう状況を知らなかった人も多いのでは? 受動喫煙防止のための啓発活動をすべきなのに、議会は喫煙可とは驚き・・。香川県の男性の喫煙率(2016年)は28.3%、女性は6.7%いずれも年々減少。空気はみんなのものなので出来るだけ汚さないでほしい。 (写真は緑が多く空気がきれいな京都 大原の里・宝泉院の庭) 

P1030043
今回の90歳女性の交通事故には驚いた。50代の女性が死亡、数人がケガをしたという。当センターの相談窓口に「高齢の親に運転免許を返納してほしいけど、なかなか聞き入れてくれない」という相談もある。先日、友人が「夫が運転をやめたので、車がないの」と言うので「じゃ、免許証返納したの?」と聞くと「ううん、自動運転してくれる安全な車が出てきた時のためにまだ持ってるんだって」と笑っていた。いま85歳以上のドライバーが60万人いるそうだ。今回の原因は、赤信号だったのにスピードを出して横断歩道を突き抜けようとしたこと。まさに交通違反。年を取ったら、特に発進時に要注意!急発進は絶対にしないようにしよう。 (写真は高松市の玉藻公園の和船)