香川県高松市男女共同参画センター

P1090391先日、「子どもの貧困を考える」というテーマの行事に参加しました。子どもの貧困、貧困の連鎖を食い止めるためにどうすべきかを考えあいました。いま全国各地で拡大している「こども食堂」の話も出ました。当NPO法人(参画センター指定管理者)でも生活支援として食糧・日用品の無料提供などをしていますが、今後の課題の一つとして、男子・女子ともに今よりももっと生活技術の習得に取り組むべきだな、と思いました。例えば炊事。こどもは好奇心旺盛、手伝える年齢になれば教えて、自分で料理する技術を身に付けさせることが必要ではないでしょうか。生きる力として最も大切な「食べる」、それを自分で出来ることが大事です。「お母さんが作ってくれないから…」と言わないように。それが将来の家庭生活においても男女が協力し合うという気持ちが育つことになると思うのです。(写真はきのうの瀬戸内海、高松にて)

  • 日時  7月28日(木)14:00~15:30
  • 場所  当センター3階 第3会議室
  • 参加費 無料

管理栄養士を交えて、食についての語り合い

P1090379男女共同参画週間の最終日、フィンランド生まれの坂根シルックさん(東京農工大学特任教授)の講演を拝聴しました。フィンランドといえば、男女平等の先進国、高福祉の国として知られています。男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数の順位も世界第3位、ちなみに日本は101位です。フィンランドの国民性、価値観は、誠実、もの静か、自然体、ストレートに表現、本音でつきあう、お世辞が言えない…などだそうです。消費税は24%、食品は14%。学費は大学まで無料。家庭では、できる人ができることをするという考え方。成人女性の8割が働いている。1995年に男女平等法が制定され、2000~2012年は女性の大統領とか。子どもは概ね20歳前後で家を出て自立しようとする。子どもの頃から自分の意見が言え、考え、行動する子に育てるようです。シルックさんは、自然の中で何もしないで一人で過ごす、シンプルな生き方が好きとのこと。大いに共感…でした。

P1090383きょう、うれしいご寄附を頂きました。当NPO法人たかまつ男女共同参画ネットがDV被害者アフターケア事業として始めた「パープルBOX」に、国際ソロプチミスト高松から10万円のご寄附を頂きました。DV被害を受けた女性の自立支援の一つとして、無料で貸出しする就活用のスーツ購入に充てる予定です。今までにも貸出しスーツを利用して面接に行かれ「就職が決まりました」と笑顔でお礼に来られた方もおられます。私たちもとってもうれしくなります。就職先を見つけて自立し、活躍してくれる女性が増えるよう、貸出しスーツ・ブラウス・靴・バッグ等の充実を図っていく予定です。国際ソロプチミスト高松の皆様、本当にありがとうございました。(写真は左から中島さん、平木さん、藤本会長さん、当法人・野田理事長)

P1080777いよいよきょうから女性活躍推進法が施行となりました。従業員301人以上の事業主は、自社の女性の活躍状況の把握・課題分析、行動計画の策定、届出、情報公表を行うことが義務付けられています。でも、目標を達成できなくても罰則はありません。また、300人以下の事業主は努力義務となっています。ちなみに高松市役所職員については、4月から女性管理職の割合が20.8%となり過去最高になったとか。女性の活躍の場が拡がっています。一方、一般的に問題なのは、女性の非正規雇用が多いこと。出産・育児などで退社し、再就職となると非正規雇用が多くなります。年収は、正規雇用の半分程度。管理職の比率アップだけでなく、非正規雇用の女性の待遇改善への対策を進めてほしいものです。シングルマザーの方が活躍できるようになってほしい。  (写真は香東川の下流、野鳥がいっぱいでした。)