香川県高松市男女共同参画センター

P1150152
かつて3万人を超えていた自殺者数は昨年は前年より757人少ない約2万1千人に減少したと公表された。しかし、未成年の自殺者が増えているという。19歳以下は29人増えて516人、20代は5人減って2053人だったそうだ。昨年10月、座間市で9人の遺体が発見された事件は、ネットで自殺願望、自殺誘引をやりとりする若者の危うさに驚かされた。相手がどんな人かわからないネットより、官民の相談機関などをもっと利用してほしいと思う。男女でみると、女性のほうが誰かに悩みを話したり、相談機関を利用する人が多い。男性ももっと相談機関などを利用してほしい。相談員に会って話すと、少しこころが軽くなるのではないでしょうか。

IMG_3968
当参画センターでは2月24日(土)1:30~15:30、講師に外科医で国境なき医師団日本前会長の黒﨑伸子氏をお迎えし講演会を開催します。世界の紛争地で命を奪われたり、瀕死の重傷を負ったりする大人や子どもが後を絶ちません。そうした国々に出向き医療・人道援助を行っているのが国境なき医師団(1971年フランスで設立)。その日本前会長・黒﨑伸子氏の講演を2ヵ月前に聴講しとても感動しました。まさに”女性の活躍”の最前線で活動されている。だが、紛争地での活動状況を日本にいる私たちはあまり知らない。黒﨑氏のお話を伺い、私たちが世界に向けてできること、また地域に向けてできることを考えてみたい。講演会に大勢参加していただきたいと願っています。お申し込みは087-833-2282へ。無料の託児付きなので1週間前までに予約してください。 (写真は阪神淡路大震災時の屋内の模様、淡路島・野島断層見学時に撮影。家具の転倒防止策が必要)

2011雪だるま
新しい広辞苑に新たに収録された「LGBT」の説明が誤っていると指摘されています。ニュースで広辞苑の「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」という説明を聴いて、正しい説明ではないなと思いました。Tのトランスジェンダーは自身のからだの性と自己認識としての性が一致していないと感じている人なので、辞書の説明とは違う。また、最近は「LGBTQ」という言葉が使われている。調べてみると「Q」はQuestioning 、Queerを意味していて、自分の性別が?の状態を意味するようです。日本はセクシュアルマイノリティー後進国と言われており、正しく理解していくことが求められています。当センターの登録団体に当事者のかたもおられるので理解を深めていこうと思います。  (写真は以前、高松に積雪があったとき撮影)

◆ 男女が共に活躍するまちづくり講座
   命の重みを感じたとき ~国境なき医師団の活動から~

日  時:2018年2月24日(土)13:30~15:30
講  師:黒崎 信子さん 外科医・国境なき医師団日本監事・前会長
場  所:高松市男女共同参画センター 学習研修室
定  員:100名 先着順
参 加 費:無料
託  児:無料(一週間前までに要予約 生後6か月~就学前まで)
問合せ・申込み:高松市男女共同参画センター  TEL 087-833-2282

◆ コミュニケーション講座
   アンガーマネジメントで聞き上手・話し上手に

アンガーマネジメントとは・・・イライラや怒りの感情(アンガー)と
               上手に付き合う(マネジメント)ための方法です。

ちょっとしたことでイライラ、後で自己嫌悪・・・そんな自分を変えてみませんか?
怒りの感情を理解し、上手に受け止めてプラスに活かす!
アンガーマネジメントの手法を身に付けて、スムーズなコミュニケーションを実践しましょう!

日  時:2018年2月10日(土)13:30~15:00
講  師:高松太田社労士事務所 代表 谷川由紀さん
      一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会
      ファシリテーターTM/キッズインストラクタートレーナーTM
場  所:高松市男女共同参画センター 学習研修室
定  員:30名
参 加 費:無料
持 参 物:筆記用具
託  児:無料(1週間前までに要予約 生後6か月~就学前まで)
問合せ・申込み:高松市男女共同参画センター  TEL 087-833-2282

1 / 10712345...102030...最後 »