香川県高松市男女共同参画センター


 「人生100年時代」という言葉がずいぶん普及した感がありまね。そして、実感できるようになりました。先日、新年会で会った友人(70代男性)は今年102歳のお母さんと二人暮らし。もう一人のお母さんは97歳で独り暮らし、野菜作りもされている。退職した息子さんがよく家に行っているとか。お二人ともほぼ自分のことは自分でできるお体。それを聞くと健康寿命を延ばさなければと思う。貯金も必要ですが、”貯筋も大事。日々、適度な運動をして筋肉をつけることが大事だと思う。特に男性は退職すると家でごろごろしがちですが、料理や掃除、洗濯など家事をするとけっこうな運動にもなるし、家族に喜ばれるでしょう。家族はしてくれたら、文句は言わないように気を付けましょう。やり方が違うと腹を立てる人もいるけど、筆者は命に別状ない事はできるだけ言わないようにしています。(写真は今日のやさしい英語の講座「海外のNew Yearあれこれ」風景)

コメントは受け付けていません。