香川県高松市男女共同参画センター


阪神大震災から25年。そして東日本大震災、熊本大地震・・と大地震が発生しました。今後、予測されるのが南海トラフ大地震。阪神大震災では道路や建築物の倒壊、大火事、東日本大震災では大津波、熊本大地震では建築物の倒壊等々、大被害の要因が少しずつ違っていました。自分たちの地域はどんな被害が予測されるのか情報を得、これまでの教訓を実行していくことが重要です。まず、各家・個人が即取り掛かれるのは自助力アップでしょう。当センターではふれあい交流スペースに「もし、真夜中にグラッときたら」「備蓄に便利な食品類」「すぐに持ち出せますか?防災リュック」「女性にとってあれば安心!自分の身を守るための備えを」「だれもが安心できる避難所づくりを!」等のパネルを常に掲示しています。一人ひとりの備えが少しでも進むことを願って・・。

コメントは受け付けていません。