香川県高松市男女共同参画センター

◆ 婦人之友       7月号       高松友の会
◆ 明日の友          初夏         高松友の会
◆ かぞくのじかん          夏          高松友の会

◆ ぜんぶ、すてれば                  中野善壽  著
◆ ゆる菌活 発酵食品を手作りしたら人生変わった!   おのみさ  著
◆ 繊細さんの本                    武田友紀  著
◆ 小学校 はじめてのオンライン授業          樋口万太郎 堀田龍也 著
◆ ペスト                       カミュ   著
◆ 失敗図鑑                      大野正人  著
◆ コミュニケーションストレス             黒川伊保子 著
◆ 天然日和                                石田百合子 著

今回の九州を襲った豪雨をニュースで見て自然のものすごい脅威を感じました。雨雲レーダーで線上降水帯が通るのは知り得ても、実際に住んでいる地域の川が、道路が、田んぼが、ため池がどんな状態になるのか分かりません。とにかく生き残るためにも、早めに助かる場所に避難を決断することの大切さを痛感しました。当センターでは6月下旬に「生き残るための防災力アップ講座」を企画したばかり。第1回目は「コロナ禍で考える災害時の避難」。2回目は「わが家で取り組もう!万全の備え」。3回目は「コロナ感染防止をふまえた避難所運営」です。初回は9月17日(木)14:00~15:30・・参加者は高松市が全戸配布した「洪水ハザードマップ」を持参のこと。詳細は広報たかまつ9月号に掲載予定です。(写真/コロナ禍を考え非常持出しに追加する体温計、除菌ウエットティッシュやマスクは多めに、紙コップは軽いし用途が広い、ポリエチ手袋等)

 

報道などで「コロナ離婚」という言葉を聞くようになった。テレワークが普及し、そのまま継続する企業もあると聞く。自粛が解除され再びオフィスでの仕事に戻った人もいる。これまで在宅勤務によって夫婦がお互いにストレスがたまり、夫のDVが増えたりして、離婚を考えるようになった人もいるようだ。その一方で、政府は「希望出生率1.8」の目標を掲げたという。男性の育休取得率の目標は2020年13%だが、2018年は約6%。企業、男性の意識が変わらないと実現は程遠いと思われる。依然として家庭では家事・育児は女性の仕事と性別役割分担意識を持っている人も少なくない。夫婦が共に生きるためには、男性も家事・育児に努めなければならないでしょう。ウィズコロナを機に意識改革をして、男女共にいきいきと生きていける家庭づくりや職場環境づくりに取り組むことが求められています。 (写真はブルーベリー)

P1-4

P2-3