香川県高松市男女共同参画センター


阪神大震災から25年。そして東日本大震災、熊本大地震・・と大地震が発生しました。今後、予測されるのが南海トラフ大地震。阪神大震災では道路や建築物の倒壊、大火事、東日本大震災では大津波、熊本大地震では建築物の倒壊等々、大被害の要因が少しずつ違っていました。自分たちの地域はどんな被害が予測されるのか情報を得、これまでの教訓を実行していくことが重要です。まず、各家・個人が即取り掛かれるのは自助力アップでしょう。当センターではふれあい交流スペースに「もし、真夜中にグラッときたら」「備蓄に便利な食品類」「すぐに持ち出せますか?防災リュック」「女性にとってあれば安心!自分の身を守るための備えを」「だれもが安心できる避難所づくりを!」等のパネルを常に掲示しています。一人ひとりの備えが少しでも進むことを願って・・。


写真はきよう実施した出前講座「暮らしに活かそう!アンガーマネジメント~”怒り”を上手にコントロール~」の光景。場所は一宮コミュニティセンター。一宮地区の保健委員さん、一般参加者。講師は谷川由紀さん。日々の生活において、怒りがつのったり、イライラしたりすることがあります。そこで、ぜひアンガーマネジメントを知ってほしいということで実施。アンケートでは61.3%が大変参考になった。38.7%が参考になったと回答、合計100%と大好評でした。「子どもの躾を思い返し反省した」とか「主人にも聞かせたい内容だった」「ストレスの多い時代、ゆったり生きるのが大切だと思った」などの感想が寄せられた。また、健康づくりでしていることはの質問には、「運動をしている」「食事に気を付ける」「人と会話する」が多かった。


 「人生100年時代」という言葉がずいぶん普及した感がありまね。そして、実感できるようになりました。先日、新年会で会った友人(70代男性)は今年102歳のお母さんと二人暮らし。もう一人のお母さんは97歳で独り暮らし、野菜作りもされている。退職した息子さんがよく家に行っているとか。お二人ともほぼ自分のことは自分でできるお体。それを聞くと健康寿命を延ばさなければと思う。貯金も必要ですが、”貯筋も大事。日々、適度な運動をして筋肉をつけることが大事だと思う。特に男性は退職すると家でごろごろしがちですが、料理や掃除、洗濯など家事をするとけっこうな運動にもなるし、家族に喜ばれるでしょう。家族はしてくれたら、文句は言わないように気を付けましょう。やり方が違うと腹を立てる人もいるけど、筆者は命に別状ない事はできるだけ言わないようにしています。(写真は今日のやさしい英語の講座「海外のNew Yearあれこれ」風景)


子どもが保育所や幼稚園に入ったら、入学したら就職したい・・と考えている方、この機会に講座に参加してみませんか? 当センターでは月・水・金に女性の就労相談を行っています。一人50分、個室でキャリアコンサルタントにいろいろと相談できますので、ご利用ください。そして、毎月就労支援講座を開催。1月は22日(水)午後1:30~3:00「仕事&家庭を両立させる方法を考える」を行ないます。2月は28日(金)「働くうえでの人間関係のつくり方」を開催予定。当センターの就労支援講座は託児付きなので参加しやすいと好評です。一週間前までに託児の予約をお願いします。さらに、就活用のスーツ、バッグ、靴なども無料でお貸ししていますので、お問い合わせください(上記写真)。講師は当センターのベテランの相談員(キャリアコンサルタント)なので、何でもご相談ください。087-833-2282へ!

◆ 女性のための弁護士相談

日 時:2月20日(木)13:30~15:30
場 所:高松市男女共同参画センター 相談室
相談員:北村 亜矢子さん (弁護士)
対 象:高松市在住・在勤の女性4名 (1人30分)
相談料:無料

予約申込み:2月1日(土)9:00から 先着順
      TEL087-833-2282