香川県高松市男女共同参画センター

P1080011
きのうTVニュースで「フラリーマン」という言葉を初めて知った。働き方改革で労働時間の短縮が進み、定時退社が増えつつあるとか。サラリーマンがまっすぐ家に帰らないで、仕事帰りに公園で一服したり、家電店や本屋、居酒屋等をフラリ、フラリとさまよう”フラリーマン現象“が目立つという。共働き世帯であれば、「家に帰って家事や育児を手伝ってほしい」という妻の声もあるだろう。だが、フラリーマンには理由がある。少しでもいいから自分だけの時間がほしいという。家に帰って家事をしていると、妻から次から次へとダメ出しがあるとか。一方、夫の帰宅が少し遅くなっても、妻側も自分の時間が欲しいのでまっすぐ帰らなくてもいいという人もいるようだ。残業が減れば収入も減る。お金のかからない所を探してフラリ、フラリ・・が増えていくのだろうか。  

20090210 119北海道
四国は台風18号が通り過ぎ、きょうは晴天です。今回は風雨が強く、ピュン、ピュン吹く風に瓦が飛ばないかとハラハラしました。高松市中心部の道路の冠水もあったようです。ところで、「女性のための出張労働相談会」のお知らせです。★10月1日(日)10:00~16:00 さぬきこどもの国の芝生広場で労働相談会(県商工労働部労働政策課主催)を行います。ちょうどここで開催される「かがわ子育て支援フェスティバルふ2017」の中の行事の一つ。芝生広場テントブースへお越しください。当参画センターからも専門相談員が出張します。就活に関する情報の提供、相談等をお受けします。また、「たかまつミライエ」6階の当男女共同参画センターでは月水金に就労相談をしていますのでお気軽にお電話ください。087-833-2282まで。専門のキャリアコンサルタントが親身に応対しています。予約されるとゆっくり相談できますよ。お電話をお待ちしています。   (写真は北海道、過去に撮影) 

20080923 2012
車で通勤途中、気になる横断歩道がある。こちらは赤で停止、目の前の横断歩道は青になると同時に十数台の自転車が横断していく。その中に自転車に乗っていて”ながらスマホ”で横断していく男性をよく見かける。片手にスマホを見ながら渡っていく。あるいは、ハンドルの真ん中に両手を乗せて、両手でスマホを操作し見ながら行く。歩道を渡る各自転車の間隔の余裕はあまりない。もし、自転車が接触すれば、後続の自転車が次々に転倒するだろうという状況だ。自転車、自動車の運転中のスマホは絶対に止めるべきだと思う。事故が起こってからでは遅い。 (写真はこれからの季節に見られる風景)

20140706 277
このほど60歳以上の男女600人から回答を得た調査結果(楽天市場実施)が公表された。「自身に当てはまる世代の呼び名は」の回答をみると、「シニア」が約42.2%、「高齢者」はわずか9.8%、「お年寄り」は1%だったとか。そして、「自分が高齢者だと思うか」の問いには、「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」が62.5%もあった。60代~70代で元気に働いている人もいるし、地域の活動、NPO活動などで活躍している方も大勢おられる。「高齢者」という呼び名も見直したほうがいいのではないか。「老人会」とか「老人クラブ」という呼び名に抵抗感を感じ、「入会したくない」という声も聞く。その世代の人の気持ちになってネーミングを考えてもいいのではないかなと思う。  (写真は栗林公園のスイレン) 

230414 014
台風18号が九州から四国へと襲来しそう。四国は土・日ぐらいに直撃か・・。きょう、仕事帰りに缶詰やすぐに食べられるものなどを買っておこうと思う。懐中電灯、電池、水等は備蓄している。強風で飛びそうなものは片づけて屋内に入れておかなければ・・。わが家で今までに強風で倒れたものは物置。今は起こして、倒れないようにロープを掛け固定している。倒れたときは陸上で風速20mぐらい吹いたとき、隣の建物とわが家の間に谷間ができ、ちょうどそこに物置があるので、そこを突風が吹きぬけたようだ。どの県も被害が少ないことを願うばかりです。