香川県高松市男女共同参画センター

P1070142台風で東北、北海道などで河川が氾濫し濁流が市街地に流れ込んでいる映像を見た。南富良野では車の上で4人が励まし合いながら耐えていたという。また、宮古市では、雨が止んだと思って外に出て見たら、目の前が川のようになっていたとか。堤防の決壊により、あっという間に濁流が街を襲う。避難勧告が出た段階で避難すれば逃げる時間はあるが、避難指示まで待っていると逃げ遅れるかもしれない。いずれにせよ、万一に備えて、水や非常食などを入れたリュックを用意することと、両手が使えるようにヘッドライトを用意しておくと便利。暗闇の中で車の上で助けを待つ間でも、ヘッドライトがあると助かると思う。筆者もヘッドライトを用意している。価格は千円程度からある。いつゲリラ豪雨に襲われるかもしれない。いろいろ想定して身を守るために用意しておきたいものです。 (写真は仏生山公園にて)

またまた、大阪の中学校のプール・女子更衣室20120430 109にビデオカメラが仕掛けられていたという。7月末に不審な段ボール箱があり発覚したらしい。児童ポルノ禁止法違反だが、こうした犯罪が後を絶たない。今は児童ポルノ写真などを単純に所持しているだけでも違反になる。以前から日本は”ポルノ王国”と言われ、女性の国際会議でも他の国から問題だと指摘されている。インターネットが急速に普及したのもポルノ映像、写真などを送信し、売買に利用されるから・・と言われていた。学校の更衣室やトイレ、民間の商業施設等のトイレなども入ったら不審なモノがないかぐるっと見まわしてみよう。かつて、女性トイレにカメラを仕掛けるために、女性にアルバイト料を払って、カメラを設置させていたという例もある。簡単に小遣いを得られるから。油断しないで、注意を払いましょう。

P1050017今では「婚活」という言葉も聞き慣れてきた。結婚する人を増やせば、出産も増える、人口減少をいくらかでもくい止められる、という考えなのか・・。10月から香川県でも「かがわ縁結び支援センター」が開設されるという。場所は香川県社会福祉総合センター内。常駐職員4人配置。民間の紹介センター等とどこが違うのだろうか。「まずは県内で男女各100人の登録を目指す」とか。こんな声も聞こえてくる。「まずは県職員から登録すれば・・」と。結婚相手として公務員は人気があると多くの人が思っているからだろう。さらに、ボランティアとして活動する「縁結びおせっかいさん」を募集している。「おせっかいさんはボランティアで無報酬なら、”縁結びコーディネーター”として報酬がもらえるようにしてはどうか」という声も聞こえてくる。くれぐれも個人情報が流出しないように注意してほしい。

20140102 070働きたいけど、子どもを預かってくれるところがない・・これでは二人目を産むのは難しいと考える人も出てくるでしょう。このほど厚労省が待機児童の定義を見直す方針を決めたという。これまで待機児童ゼロといってきた自治体は、保護者が育休中の場合は数に入れないなどしていたようです。全国各地、数え方がバラバラでは本当の実態はわからない。現在、潜在的な待機児童は全国で約6万人に上るそうです。待機児童の約7割は1~2歳児が占めるという。真の待機児童ゼロに向けて早急に効果的な対策が求められています。対策の進捗状況に注目していきましょう。     (写真は玉藻公園飛雲閣から撮影、瀬戸内海が見える)

P1030408徳島でポケGOをしながら運転していた30代男性が女性をひいて死亡させた。もう一人は大けがらしい。想定していたことが現実に起こったといえよう。ゲームに夢中になって交通事故を起こし、大切な人の命を奪った。ブレーキを踏んだ形跡もなかったと聞く。そして、全国各地で交通違反が増えているという。こういうことは、ソフト販売会社も想定できたのではないか。それを個人のモラルだけに委ねている感じがする。さらに不法侵入も問題になっているという。全くポケGOに興味のない者にとっては、あの集団行動がおかしく思えてならないようだ。とにかくゲームごときで自分の人生が狂わせないように。交通事故は絶対にダメ!  (残暑が続く中、木陰はうれしい)